忍者ブログ

ニーハォ
你好!下田です。

休日の昼ごろになると、上田店の展示場には決まって、中国の娘さんたちが何処
からともなく訪れて来ます。

その日も5人ほど訪れて、お互いにスナップを撮ったりかなりくつろいでいました。

展示場もちょっとした小公園のような雰囲気なので、きっと彼女たちの憩いの場に
なっているのでしょう。

自転車で来ていた3人の娘に声を掛けたところ、この近くに住んでいて日本で働い
ているとの事でした。(加油!)

彼女たちの、スリーショットのカメラマンに転じた私はココでひと押し!

PCインターネット                                                                        プーハォ
電脳因特網ブログへの掲載を承諾してもらって、写真を一枚!(アップは不好との
事で、ちょっとズームアウトになりました。)

中国小娘(チョンゴーショーチェ)




























ところで、中国といえばラーメンでしょう。(イキナリ!)

休日はよくラーメン店に行く私です。

5~10年ほど前に、ラーメンにはまった時期がありました。

東北信を中心に、専門店以外も含め300軒ほど食べ歩きました。
気に入ると同じ店ばかり通ってしまうので、そのわりに軒数は少ないのですが、著名
な店はほぼ網羅しております。

最近はレベルの高い新店が続々と出店していますが、行ってない店が増えちゃって
追いつかない状況です。
中には、一度も食べない内に、つぶれちゃった店も何軒かあります。
長野もいまや、ラーメン激戦区となりました。

先日も上田市内の、とあるラーメン店に行ってきました。

以前から何回も通っている、お気に入りの店ですが、上田でも1、2を争うハイレベルな店です。
アルカリ活性水で仕込む、無化調の魚介系スープで、縮れ中太の多加水麺が良く合う、
和風醤油味の極旨麺です。
サイドメニューの200円のチャーシュー丼も頂きました。(炭焼きのチャーシューが絶品!)

好吃汤面



























最近のラーメン業界は、つけ麺やスープオフ(汁なし麺)が主流となりつつありますが、
私はやはりスタンダードならうめんが好きです。


そのあと、県内でも何店舗かある、醤油豚骨の店に行きました。

同じ屋号の店でも、店舗によってバラつきがありますが、此処はブレが少ないように思います。
この店は極細ストレートの低加水麺で、いわゆる九州とんこつの麺ですね。
麺の硬さや背油の量を、3段階でオーダー出来るのですが、この日は裏メニューの
粉落とし(超ばりカタ)にスーパーこってりを、黒マー油と高菜のトッピングで頂きました。
(マー油が入ると熊本系になりますね。)

やはり、後から油が腹にきちゃいまして、さっぱりにしておけば良かったと後悔しました。

思わず中国の娘さんから、いきなりラーメンに行っちゃいましたが、実は身体の半分は、
ラーメンで出来ているという、私でした。
ツァイチェン
再会!

                                         ※文中、店名は伏せております。

PR
CATEGORY[未選択]
CO[0]: TB[0]top
【2008/09/14 21:35 】
<<健康第一 | HOME | フロントガーデン>>
コメント
コメント投稿
コメント














trackback
コメント
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT

忍者ブログ [PR]